鳥取市の職員が飲酒運転、知人に身代わりを依頼/鳥取

13日、酒を飲んで車を運転したとして鳥取市の職員の男が逮捕されました。

酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、鳥取市福部町湯山の鳥取市職員・森本実容疑者(53)です。
また、森本容疑者の知人の岩美町の運転手・沢敏範容疑者(67)が警察に虚偽の報告をして犯人隠避の疑いで逮捕されました。


森本容疑者は12日午後10時20分ごろ、鳥取市行徳の県道で酒を飲んで車を運転し、側溝に脱輪させた疑いが持たれています。
通報を受けた警察が駆けつけたところ、沢容疑者が自分が運転していたと警察に報告しました。

森本容疑者はその場にいませんでしたが、車の名義が森本容疑者だったため任意で取り調べたところ、容疑を認めたということです。
調べに対して2人とも容疑を認めているということです。

警察は森本容疑者が飲酒運転が発覚することを恐れて沢容疑者に身代わりを頼んだ可能性があるとみて、詳しい状況を調べています。

動画で見る

関連記事

中国地方のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Chugokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。
Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments