ホテルで出火 男性ひとり死亡/岡山

19日午前7時15分ごろ、岡山市のホテルで出火、一室が焼け、部屋から60代の男性が煙を吸って病院に搬送されましたが死亡が確認されました。

火事があったのは岡山市南区の「HOTEL agehA」で、19日午前7時15分ごろに2階の一室から火が出ているのに気づき、従業員が通報しました。
消防が出動し、約40分後に消し止められました。

この火事で1人で宿泊していた60代くらいの男性が、病院に搬送され死亡が確認されました。
出火当時、15室に25人の客がいましたが、逃げ出して無事でした。

警察では男性の身元を確認するとともに、出火の原因など詳しく調べています。

ニュースの動画


関連記事

中国地方のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Chugokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です