路面電車をマスキングテープ柄に/岡山

色鮮やかなマスキングテープの柄で内外装をデザインした路面電車の運行が21日から岡山市中心部で始まりました。


岡山県などの観光企画「おかやまハレいろキャンペーン」の一環で6月30日まで後楽園や岡山城に向かう岡山電気軌道東山線で最大で1日23往復します。
車両は岡山を代表するマスカットと桃、ジーンズをイメージした黄緑、ピンク、青の3色で装飾されていて、内装は倉敷市のカモ井加工紙が製造したマスキングテープを実際に使用されています。

午前10時半から岡山市の岡山電気軌道東山車庫で路面電車の出発式があり、岡山電気軌道の小嶋光信社長らが車両前方に「OKaYaMa “HAREIRO” CAMPAIGN」と記されたヘッドマークを取り付けて出発を祝いました。
観光キャンペーン期間中の来月1日~5月7日は、岡山城天守閣の外観などもマスキングテープ柄で装飾される事になっています。

(画像はおかやまハレいろキャンペーン mtアートプロジェクトより)

外部リンク

おかやまハレいろキャンペーン mtアートプロジェクト
https://www.okayama-kanko.jp/mt-art/

関連記事

中国地方のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Chugokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です