『STU48』最終審査に44人合格/岡山

アイドルグループ「AKB48」の国内6番目の姉妹グループとして、今年夏に瀬戸内地域を拠点に発足する「STU48」(SETOUCHI48)の第1期生オーディションの最終審査が広島市内で19日行われ、12歳から21歳の44人が合格しました。44人の中には岡山県出身が6人選ばれました。このあと保護者との面談や最終的な意思確認を経て、4月にも正式メンバーが発表される予定になっています。

最終審査に挑んだのは2月に瀬戸内沿岸7県で実施した2次審査の通過者102人で、ダンス、歌唱、面接の審査が行われ合格者が決定しました。
8061人の応募の中から選ばれた合格者は記者会見で「自分の番号が呼ばれたときはうれしかった」「まだ実感が湧かない」と興奮気味に話しました。2次審査を岡山会場で受けた合格者は「岡山の良さをいっぱい伝えていきたい」とデビューに向けての意気込みを語っていました。

運営事務局によるとSTU48は専用劇場を備えた船で瀬戸内海を巡って各県の主要港などで公演する事になっていて、指原莉乃さん(24)がSTUの劇場支配人とメンバーを、AKB48の岡田奈々さん(19)がキャプテンをそれぞれ兼務する事になっています。

関連記事

中国地方のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Chugokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です