高梁川水系でアマゴ釣りが解禁/岡山

新見漁協管内の高梁川水系で12日からアマゴ釣りが解禁され、夜明けとともに市内外から訪れた多くの釣り人が一斉に釣り糸を垂らしていました。

本郷小学校付近の高梁川支流・本郷川では、魚との駆け引きを楽しんでいました。
解禁前日から釣るポイントを探し、午前6時から釣り始めたという倉敷市の男性は「ニジマスは釣れたけれど、目当てのアマゴがまだ。今日はとことん粘って、たくさん持って帰りたい」と話していました。

新見漁協では6~12日にかけて市外から取り寄せたアマゴ約3万匹とニジマス約6千匹を放流しています。漁期は8月末までで釣りをするには入漁券が必要です。問い合わせ先は同漁協(0867―72―2570)。

関連記事

中国地方のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Chugokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です