県内の公立中学校で卒業式/岡山

岡山、倉敷市など岡山県内20市町村の大半の公立中学校で卒業式が14日行われ、129校で1万5662人が卒業の日を迎えました。

岡山市北区大井の足守中学校では体育館で保護者や在校生を含めて約200人が出席して卒業式が開かれ、藤原孝憲校長が卒業生47人一人一人に卒業証書を手渡し、「将来一人では対応できないことがあっても、仲間と一緒に考え、自分の選んだ進路を達成する手段にしてほしい」とはなむけの言葉を贈った後、卒業生を代表し生徒会長を務めた奥田裕太さんが「自信を持って旅立てるのは支えてくれた人たちのおかげ。これからは自分が誰かを支えていきたい」とあいさつしました。人気グループ・EXILE(エグザイル)の「道」の合唱もあり、涙ぐむ卒業生や保護者の姿が見られました。

県内153の公立中では卒業式が15日までに行われ、計1万7416人が卒業の日を迎えます。

関連記事

中国地方のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Chugokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です