映画「ひるね姫」で誘客 県がアンテナ店やポスターでPR/岡山

岡山県は8日、今月18日から全国公開される倉敷市下津井地区を舞台にしたアニメ映画「ひるね姫~知らないワタシの物語」とタイアップしたPRを展開することを発表しました。

東京にある岡山県のアンテナショップで映画にちなんだ飲食メニューを提供するほか、JR西日本の主要駅にオリジナルポスターを掲示するなどして岡山への誘客を図るとしています。
岡山県のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」にある飲食店で13日~4月17日までの間、映画に登場するオムレツや岡山県産野菜を使ったプレートなど4種類のメニューを用意する他、店内に映画の原画パネル、倉敷市の学生服メーカーが作った主人公の女子高生ココネの制服を展示する予定にしています。
オリジナルポスターは、瀬戸大橋を背景にココネを中央に配し、「ひるね姫は岡山にいる」のフレーズを入れたデザインで、JR西日本の主要276駅に順次掲示していきます。
「ひるね姫」は、下津井で父と暮らすココネが昼寝中に見た夢を手掛かりに家族の秘密に迫る物語で、県公聴広報課は「映画をきっかけに多くの人に岡山へ来てもらいたい」としています。

CM動画

外部リンク

映画「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/hirunehime/

関連記事

中国地方のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Chugokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です