ヌンチャク所持の男性に無罪判決 携帯目的に合理性/岡山

乗用車内にヌンチャクを隠し持っていたとして、軽犯罪法違反罪に問われていた48歳の浅口市の整体師男性への控訴審判決が8日広島高裁岡山支部であり、一審の玉島簡易裁判所が下した科料9900円の判決を破棄し無罪を言い渡しました。

「仕事の合間に趣味で練習するため」とする携帯目的の合理性を認め、軽犯罪法違反には当たらないとしました。
大泉一夫裁判長は「現代ではヌンチャクは武道や趣味として適法な目的で使用されるのが一般的。被告が述べる携帯の目的には相応の合理性がある」と判決理由を説明しました。
判決などによると、男性は中高生時代にブルース・リーの影響を受け、通信販売で購入したり自作するなどして木製や鉄製のヌンチャク3組を所有していましたが、2015年11月出張中に備前市内のコンビニに止めた車の座席下などに3組を隠し持っていたとして起訴されていました。
一審で男性側は「練習は整体師として必要な手首の鍛錬も目的だった。隠す意思はなかった」とも主張し無罪を主張していましたが、一審判決は携帯に正当な理由がないとして軽犯罪法が適用されるとしました。控訴審判決を受け男性の弁護人は「正当な判決で評価できる」、広島高検岡山支部は「判決内容を詳細に検討し、適切に対応したい」とそれぞれコメントをしました。
軽犯罪法では、正当な理由がなく身体に重大な害を加えるような器具を隠し持つ行為を禁じています。

関連記事

中国地方のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Chugokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です