国認定メガソーラー7割未稼働県内227件 パネル値下落待ちか/岡山

岡山県議会の一般質問が7日行われ、岡山県は大規模太陽光発電所(メガソーラー)の県内稼働状況について、昨年10月末時点で国の認定を受けた334件のうち、未稼働の施設が227件あると報告しました。稼働していない施設は7割近くに上ります。

大本裕志環境文化部長が国の集計したデータに基づいて答弁したもので県では要因について、電力の買い取り価格が高い時期に認定を受けたものの、太陽光パネルなどの価格が下がるまで事業に着手しない業者がいること等が考えられるとしています。
制度は認定時の買い取り価格で売電できる仕組みで、価格は10キロワット以上の業者用では制度が始まった12年度に1キロワット当たり40円でしたが、16年度は24円にまで下がっています。国既に制度改正していて、は早期の発電開始を促すため4月以降は認定取得から発電開始まで一定期限を過ぎると認定を取り消す事にしています。

関連記事

中国地方のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Chugokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です