警察犬エイム号を表彰/岡山

中国5県で2016年に最も功労のあった優秀警察犬・指導者に、5月に備前市で発生した侵入窃盗事件で容疑者逮捕に貢献した警察直轄犬エイム・オブ・アースミュージック号(ジャーマン・シェパード、雄、9歳)と、指導者で岡山県警鑑識課の森川昌志巡査部長(38)が選ばれ中国管区警察局から表彰されました。

エイム号は昨年1年間に64回出動しました。その中で5月に備前市ので起きた、男2人が窃盗目的で工場に忍び込んだ事件では、現場に残された軍手のにおいを頼りに犯人を追跡、敷地内の植え込みに潜んでいた容疑者1人を発見し“お手柄犬”として話題を呼びました。また行方不明者の捜索活動や昨年倉敷市で開かれたG7教育相会合の警備にも携わっていました。
岡山県警本部であった表彰式で、同警察局総務監察・広域調整第1課の水谷直樹課長からエイム号の首に記念のメダルをかけられ、森川巡査部長には水谷課長から表彰状を手渡れました。森川巡査部長は「県民のために、今後も一層気を引き締め、事件解決や行方不明者捜索に尽力したい」とこれからの意気込みを語りました。
中国管区警察局の優秀警察犬として表彰された県内の警察直轄犬はエイム号が2頭目という事です。

関連記事

中国地方のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Chugokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です