歴史ロマンあふれる吉備路駆ける/岡山

「2017そうじゃ吉備路マラソン」は26日、総社市三輪の市スポーツセンター一帯をスタートゴールに開かれ、全国からフルマラソンなど7種目に出場した史上最多の約2万人の市民ランナーが歴史ロマンあふれる吉備路を駆け抜けました。

1981年から開催されていた大会を2009年にリニューアルして9回目となった今年の吉備路マラソンは過去最多となる2万834人がフルマラソン、ハーフマラソンのほか、10キロ、5キロ、3キロ、ファミリーの1・5キロと0・8キロの7種目にエントリーしました。
開会式では片岡聡一総社市長、越宗孝昌岡山陸協会長らが挨拶。午前9時の10キロを皮切りに、カラフルなウエアに身を包んだ多くの市民ランナーが元気にコースへ駆けだしていきました。沿道ではボランティア約2000人が給水所などで大会をを支え、地元の和太鼓グループなどが勇壮な演奏でランナーの力走を後押ししました。

関連記事

中国地方のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Chugokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です